大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

また一歩また一段。堂々と歩みだした事を確信するAlReadyYours!【LiveReport140830】|大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

ロック
パンク
HR/HM
ハードコア
オルタナ/グランジ
ポップス
ライヴレポート
特集/ピックアップ
LIVE NEWS 新着30件









































また一歩また一段。堂々と歩みだした事を確信するAlReadyYours!【LiveReport140830】

このエントリーをはてなブックマークに追加
また一歩また一段。堂々と歩みだした事を確信するAlReadyYours【LiveReport140830】




先日のHOKAGEにひきつづき、AlReadyYoursのライヴに連続していってきた。

AlReady Yoursとしてはたぶんずいぶん久しぶりの戦国大統領。

奥行きのあるステージで、Vo&Gtキャサリンと、DrのKanakoまでの距離がかなりあったのが見た目として新鮮だった。





ライヴ中はその奥行きの広さ、横幅の狭さも手伝って、キャサリンの後ろにBa Rumiや、サポートGtのモリカワナオヒコが入って面白かった。









自分が見ていた中であいた時期もあったが、6・7年前から見ていたバンドだが、ここ最近は非常にいい状態になってきていると思う。

昨年末に(厳密に言うと違うが)オリジナルメンバーといっていいような、曲作りを行っていたGtのジェンが脱退してからサポートメンバーを迎え、前に進もうと必死であがいているものの、バンド全体が若干ヨレたりしていたような印象も否めなかった。

他のサポートメンバーも良いプレイヤーだったのだが、現在メインでサポートをしている通称リーダーこと、モリカワナオヒコ氏が四月から参加したことによって、バンドのヨレの部分がギュッとまとまり、そうなったら「前に進みたい」という気持ちがプラスにしか働かず、メンバーも楽しそうにプレイをするようになっているように思う。だから、最近のAlReady Yoursのライヴはかっこいい!!

今後ももしかすると別のギタリストをサポートに迎える事もあるかもしれないが、3人の軸がぐっとまとまっているので今後も大丈夫なのではないかという安心と期待を抱かせてくれるいいライヴだった。









ライヴは実質的に新曲の「two」からスタート。
過去に原型だけはあったもののあまりライヴでやっておらず、今回新たにアレンジしなおしてプレイをしたというもの。

前回のHOKAGEでも違う新しい曲、「GAME」という曲を1曲目にもってきてオーディエンスを驚かせたこともあり、最近は勝負に出ているなという印象だ。

「Two」はAlReady Yoursの中では「Misery」に雰囲気が似ている気がする。やや抑え気味でしっとりしつつも、グランジ独自のギリギリの張り詰めた緊張感があってかっこいい。

激しいディストーションギター、激しいシャウトで盛り上げるのもかっこいいんだけど、こういう抑え目で気持ちをひきつけるのはさすが。個人的な事だが、Holeで好きな曲は「Miss World」。これもサビがぐわーっという音でないのにライヴ映像ではめちゃくちゃ盛り上がっている。こういう感じがAlReady Yoursにできると思うし、こういう曲でやってくれるとなるとほんとにうれしくなる。







もう1曲、キャサリンとモリカワナオヒコ氏が向かい合ってギターの音を絡ませ始まる曲「No Word」もかっこいい。







二人が向き合ってギターの音を鳴らすのは美しい。AlReady Yoursの音はダーティーなものが多いが、こういう凛とした部分やまっすぐなところは美しいと心から思う。









あまりサポートの事ばかりを言っても仕方がないかもしれないが、モリカワナオヒコ氏のギターの音はほんとにかっこよく、独特の雰囲気もあり、たまに前にきて煽るその姿にもグイっと気持ちを引っ張られる。







一方でRumiもかなり激しく頭を振り、写真をとっても髪の毛がかなり激しく振り乱しているものばかり。ただ、最近はその激しさの中に楽しさがあふれんばかりに出てる気がする。







DrのKanakoはいつもながら満面の笑みで。いつもと違うと思ったのは、戦国大統領のドラムがそういうものなのか、特にスネアの音がやたら「深い」音をしていた。一音一音腹に響くというような響き方で、特にギターの音を押し上げるような印象を与えてくれた。
「Pretty」のようにドラムの、特にスネアの音が目立つ部分では特にそれが分かり、これだけライヴを見てても新鮮でよかった。







ラストは「TRICK」で暴走するサウンドをたたきつけ、エンディングにいつもプレイしている短いインスト曲ではRumiがフロアに突っ込みひっくり返って最後の音を鳴らした。







この日のラストは和歌山のかっこいいグランジバンド、DRAW INTO DISORDERだった。かっこいいバンドだし、久しぶりなので楽しみにしてきたはずなのだが、あまりにもAlReady Yoursのライヴが良すぎたので、この気持ちのまま帰路につきたく箱を後にした。
DRAW INTO DISORDERには見ずに申し訳なかったのだが、AlReady Yoursがそれほどいいライヴをしたということなのだ。

秋~年末には音源リリースを控えているAlReady Yours。どんどん楽しみになる。



次回のAlReadyYoursのライヴは10/31の清生誕祭と、11/1のイベント生前葬という、たまたま生と死というテーマの二日連続で、ともにSocore Factoryで行われる。
両方とも対バンもハイクオリティなメンツがそろっているので要チェック。



2014/10/31(金)@ 南堀江SOCORE FACTORY

清誕祭〜天才ですから〜清's BIRTHDAY SPECIAL EVENT
Act:【BAND】THE MADCAP LAUGHS / INSIDE ME / AIReady Yours / アンジェラ・清
Open:18:30 / Start:19:00 / Adv:¥3,900 (D別) / Door:¥4,400 (D別)


2014/11/01(土)@ 南堀江SOCORE FACTORY
デス声企画「生前葬 一周忌」
385 / ELECTRIC EEL SHOCK / AlReady Yours / BRINKY(大分県) / 333(bababa) ...and more フード:深夜喫茶銭ゲバ(銭ゲバフルト) / 似顔絵 近藤宗臣(フライヤー制作画家) / 特殊メイクブース ササベ翔太
OPEN / START 未定ADV / DOOR 未定


緑橋戦国大統領


Amazon.co.jp : AlReadyYours に関連する商品
  •  
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマークdel.icio.usnewsingTechnorati  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter
    情報提供フォーム
    こちらから、あなたのオススメ情報を教えてください!

     

    ▲AlReady Yours「Bring down」■公式サイト

    ▲武装衝突「ネクストジェネレーション」■公式サイト

    ▲Boiler陸亀 「12円」 ■公式サイト

    ▲8otto「uprising」■公式サイト

    PICK UP MOVIEs

    ▲コロボックルズ「ディスコード」■公式サイト

    サイト情報


    記事検索
    ライヴスケジュール
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ