大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

胡散臭いフォークソングカルテットは最大のエンターテイナー集団!RED EARTH、SocoreFactoryに登場!【LiveReport140621】|大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

ロック
パンク
HR/HM
ハードコア
オルタナ/グランジ
ポップス
ライヴレポート
特集/ピックアップ
LIVE NEWS 新着30件









































胡散臭いフォークソングカルテットは最大のエンターテイナー集団!RED EARTH、SocoreFactoryに登場!【LiveReport140621】

このエントリーをはてなブックマークに追加
胡散臭いフォークソングカルテットは最大のエンターテイナー集団!RED EARTH、できたばかりのSocoreFactoryに登場!【LiveReport140621】






水曜日にAlReady Yoursの対バンとして初めて名前を知ったフォークソング・カルテット「RED EARTH」。

右から着流し風の衣装を着た長髪のアコースティックギター&メインボーカル、寺澤尚史。
裸にハッピを羽織った赤いモヒカン、アルトサックス、キヨ。
左には忍者?風の衣装のエレキギター、ハタケン。
そして後ろにはメガネのドラムス、フェアリー、そして謎のコーラス、ガイジン。(すみません、名前わかりません)



このバンドは前の4人を中心のバンドとし、ライヴによって追加メンバーとして人が入り最大6人バンドになるという。
本日は5人でのステージ。

3月にリリースした3枚目の音源「PINK EARTH」より、MVにもなっているリード曲「恋人のふり」でライヴがスタート。
とにかく高いテンションで、センターに居るキヨが動きはもちろん、”大げさ”といってもいいような表情で雰囲気を作っていく。





ステージに登場した瞬間は赤いモヒカンだし、体つきのこともありちょっと怖い雰囲気があったものの、この大げさな雰囲気がすごくよくて、自分の中でかなり評価できる「道化になれるエンターテイナー」であると確信した。
そしてソリッドな音でカッコいいギターを弾くハタケンは歌のバックでギターソロのようなオブリガードを重ねてきたり、ドラムはどかどか激しくて、とにかく騒がしくどこを見ていいかわからない音とパフォーマンス。



出てきてから何度も言っている「フォークソングを」という言葉や、「11分ぐらいあるしんみりした壮大な曲」という言葉はそのまま「フリ」でしかないことはわかっていたが、駆け抜けるような騒がしい「灰とタバコ」に流れる。2分あるかないかぐらいの曲。「長いなーと思って演奏してた」とか思っても無いことを言うあたりも面白い。

そして個人的に前回でも今回でも一番よかった「ブルーハーツ」。ブルーハーツが好きで「パクッた」とMCでいっていたが、やはり当たり前でオリジナル曲。雰囲気で言うと青空あたりに近い。Aメロのメロディ、サビのコーラスワークや、「あなたの名前はブルーで、私の名前はハーツ」というような歌詞がほんとに良かった。他の曲もいいんだけど、この曲はほんとにヒネリもなくストレートにいい曲。ギターのソロも起承転結が凄くきれいで、自分もそんなにまだ詳しくないのに沢山の人に聞いてほしいと強く強く思った。生で聴くと寺澤さんのシブみのある声とメロディがほんとにいい。
視覚的にも、ガイジンがずっとコブシを突き出したり、その場でステップを踏んで踊っていた。キヨが途中それに気づき同じようなステップを踏む。キヨとハタケンの絡みもライヴ中多く、「あぁ、このバンドは仲いいんだろうなあ」と思う場面も。




先日のライヴでも今回でもMCも似たような流れだったが、その流れは台本がある演劇のような、きちんと考えられた構成があるように感じた。(※後述)
そしてそのまま「Go!Go!LOVEHOTEL」へ。CDの歌詞カードを見てみたらラブホテルに行きたいというシンプルでオバカな楽曲だが、ギターハタケンとサックスキヨによる掛け合いの英語セリフが凄く面白くて楽しい。




そしてドラムフェアリーがリードボーカルをとる「サバイバル」。「生き延びたいかー!!」という激しい呼びかけをフェアリーからするものの、客席からのレスポンスがないと、細い裏声で「ワーォ・・・」という流れで笑いを誘う。



ラストは全員コーラスをするキャッチーなメロディの「サイコパスな女の子」、そしてアコースティックギターをキヨにあずけ、中央でリードボーカルを寺澤がとる「BONE」で幕を閉じる。



楽しすぎる30分であった。

前回、まったく何も知らない状態で、「あれ?このバンド楽しくない?このバンドすっげえよくない?うまくない!?」って思って心を引っ張られ、そして今回は完全に「このバンドすっげえ楽しくてすっげえ好き!」と変わった。
いろいろなところでライヴをしているものの、比較的Fireloopを拠点としているらしい。今まで逆によく知らずに来たものだ。逃していた出会いを悔やむ反面、今このときに知れたことは凄くハッピーだ。

このバンドの面白いことは、上記文中に「台本」「演劇」と書いたが、演奏のライヴだけでなく三ヶ月に1回のペースで演劇としてもステージにたっているようだ。
さらに、フランスでのライヴ経験もあり、年に一度は遠征しているとの事。「パフォーマー」「エンターテイメント」というのはあまり多くなく、それでいてほんとに楽しませてくれるのは本当に良い。



■SET LIST
1.恋人のふり
2.あふれるファンタジー
3.灰とタバコ
4.ブルーハーツ
5.Go!Go!LOVEHOTEL
6.サバイバル
7.サイコパスな女の子
8.BONE


■公式サイト
http://www3.hp-ez.com/hp/red-earth/

■Facebookページ
https://www.facebook.com/redearthfolk


▲恋人のふり


▲BONE


※公式サイトにも掲載がないので名前が分からないのですが、コーラスで出てきてる「ガイジン」とは、ハーフの方でサポート的にライヴ参加しているメンバー。見た目はごっつい外国人なのに、日本で生まれ育ったようで日本語しか話せないよう。シャングリラのライヴで物販で出てきて「日本語しか話せませーん!」と大きな声でいってたあたり、自分のルックスをわかった上で「ガイジンでーす」といったりしてる。ですので、愛をこめて「ガイジン」と表記させてもらいました。

※追記 「ガイジン」の名前はトーマス氏とのこと。


Socore Factory


Amazon.co.jp : に関連する商品
  •  
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマークdel.icio.usnewsingTechnorati  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter
    情報提供フォーム
    こちらから、あなたのオススメ情報を教えてください!

     

    ▲AlReady Yours「Bring down」■公式サイト

    ▲武装衝突「ネクストジェネレーション」■公式サイト

    ▲Boiler陸亀 「12円」 ■公式サイト

    ▲8otto「uprising」■公式サイト

    PICK UP MOVIEs

    ▲コロボックルズ「ディスコード」■公式サイト

    サイト情報


    記事検索
    ライヴスケジュール
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ