大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

人情が溢れたライヴステージ!爆★楽ロマンチストの「これぞ人間の愛」をみせたステージ!【LiveReport140504】|大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

ロック
パンク
HR/HM
ハードコア
オルタナ/グランジ
ポップス
ライヴレポート
特集/ピックアップ
LIVE NEWS 新着30件









































人情が溢れたライヴステージ!爆★楽ロマンチストの「これぞ人間の愛」をみせたステージ!【LiveReport140504】

このエントリーをはてなブックマークに追加
人情が溢れたライヴステージ!爆★楽ロマンチストの「これぞ人間の愛」をみせたステージ!【LiveReport140504】



大阪一人情の溢れるイベント爆★楽で沢山カッコいいバンドの中一番「栄光」を放っていたのはトリ前に登場した東京のロマンチスト。”パンカソウルミュージック”と自ら語るその音楽にはパンクのかっこよさ、ソウルの人情味がロックにのってやってきた。



ボーカルトヨは人を食ったようなMCを挟みながら誰よりもその空間を楽しんでいるような、、まさにイベントタイトルのように「爆発的に楽しむ」をこの日一番体現していたように思う。そして(初めて聴いたため)はっきり分からない歌詞に心をつかまれぐっときた場面もなんかいもやられた。





Gt好太は前に来るときに照れ笑いのような表情をみせ常に笑顔。ベースのザジは狼のような目つきでオーディエンスを見て堅実にバンドのボトムをまとめていた。いろんな形がバンドにはあるが、このバンドはすごくバランスがいいなあと何度も思った。





彼らのキラーチューン「世界一のラブソング」ではドラムのマツバラも途中で前にきて一緒に手を上げたりして素敵な時間だった。

また、「それがEんだ」というバンドを組んで、それが楽しくていいんだという歌は、バンドだったり何か夢を持ってたりするやつの応援歌だったりするんだろうし、そんな夢を持ってたけど諦めた人にも染みるすごくいい曲だ。

人情と優しさと世知辛さがいろんな曲や、歌の声で感じることができて凄く良い時間だった。
ビートのきいた曲でもそういう印象をうけたわけだが、後半にプレイされたバラード「このまま何処にもいかないで」ではほんとその魅力ががつんときた。なんというか、居酒屋でくだまくならロマンチストを聞けばいい。そう思わせてくれる。ラストではGt好太が誘い、イベント主催のHIGA氏がステージにあがりコーラスもするという場面があってそこに凄くラブアンドピースを感じた。



なんというか、「人間が好きだ」という気持ちにさせてくれる。ロマンチストのライヴをみてたらものすごく素直になれる気がした。ひねくれたクソガキのような面と、心に届く歌を届けるトヨの歌は明日への活力になる。

http://sound.jp/romanticist/

ロマンチストは当面関東でのライヴばかりで少し見れないのが残念だが、その集大成が7/6に代々木laboでのワンマンライヴが待っている。

■7月6日(日)
代々木labo
【ロマンチストワンマンライブ】


心斎橋KING COBRA


Amazon.co.jp : ロマンチスト に関連する商品
  •  
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマークdel.icio.usnewsingTechnorati  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter
    情報提供フォーム
    こちらから、あなたのオススメ情報を教えてください!

     

    ▲AlReady Yours「Bring down」■公式サイト

    ▲武装衝突「ネクストジェネレーション」■公式サイト

    ▲Boiler陸亀 「12円」 ■公式サイト

    ▲8otto「uprising」■公式サイト

    PICK UP MOVIEs

    ▲コロボックルズ「ディスコード」■公式サイト

    サイト情報


    記事検索
    ライヴスケジュール
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ