大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

衝動!ここが宇宙を感じるロックンロール!vezをリスペクトするバンドが集合した美しき夜!AlReadyYours、Cice【LiveReport140420】|大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

ロック
パンク
HR/HM
ハードコア
オルタナ/グランジ
ポップス
ライヴレポート
特集/ピックアップ
LIVE NEWS 新着30件









































衝動!ここが宇宙を感じるロックンロール!vezをリスペクトするバンドが集合した美しき夜!AlReadyYours、Cice【LiveReport140420】

このエントリーをはてなブックマークに追加
衝動!ここが宇宙を感じるロックンロール!vezをリスペクトするバンドが集合した美しき夜!AlReadyYours、Cice【LiveReport140420】



vez、シングル「Array Of Planet」を引っさげての待望の来阪ツアー。この日はvezに影響をうけたバンド、リスペクトするバンドばかりが集まったイベントとなった。

vezのメンバー個人個人のキャリア、バンドとしてのクオリティの高さ、それらをまとめて感じるカリスマ性を再認識する一夜となった。




4/20[Sun]
[evol]vez tour

vez / Perfect crime / rhivs / AlReady Yours / Nudevain / cice (アコースティック)




■cice
普段はバンド形態での活動だがこの日は諸事情によりVo+Ag、Gtのアコースティック形態だった。ギターの音がとてもとてもクリアで、演奏が始まった時は普通にCDが流れ出したのかと思ったほど。年齢は後から聞いたがまだ若いのに高い演奏力を持っていた。
アコースティックギターも工夫されていて、普通の音でモニターから出ているのに加え、アンプからはエフェクターを通した音が出ていて二人とは思えない音が出ていた。
そしてそのAGよりもすごかったのはエレキギター。美しいシューゲイザーからの影響が強いようで、キラキラしたスペイシーな音が出ていてとても気持ちよく体を浄化してくれるような気持ちよさがあった。(本来アコギユニットでないので当然かもしれないが)エフェクターの駆使の仕方が半端なく、アタック音を消したリヴァーヴを使ったり、すごく伸びるサステイン(E-Bow?)が印象的。歌声もやさしく、心地よい時間をすごせた。







あんなにやさしく綺麗な歌声をしているのに、Vo角田氏は高木フトシさんや新宿心音会板谷祐TUSKさんへの憧れがあるらしく、心に届く声を出したいとのこと。綺麗なものは綺麗なまま居てもらったほうがいいと思うが、憧れの人へキラキラした目をして話す彼のことだから、そのまま「届く歌」を身に付けてほしいと思った。

今回は二人のアコースティック形態だったが、バンド形態でも見てみたいと思った。


■AlReady Yours



先日10日のFANJ Twiceのライヴより正式サポートにモリカワナオヒコ氏を迎えたが、今回は以前にもサポートしてくれたQuのYone氏が参加。AlReady YONEs(ヨネーズ)なんて言っていた。元々交流があるバンドのメンバーだけに、和気藹々とした雰囲気があった。
とはいえ、vezと同じステージに立つという事で、メンバーは面白いぐらい緊張をしていた。ハテサテ、どんなステージを見せてくれるだろうかと思っていたが、何の問題も無く、いつもどおりかっこよくて堂々としたステージを見せてくれた。



vijonの音響の影響か、ギターアンプの正面に居るとなかなかその音だけがまっすぐ耳に届き、ボーカルが少し聞こえにくかったのが残念。少しだけ位置を変えるとましになった。



前のバンドがアンビエント・シューゲイザーのような、星が降るような音を出していたせいか、単純に天井の高いステージのせいか、バンドはいつもより澄んでいて美しく見えた。火影のようなアングラさが漂うダーティーな空間がものすごく似合うが、こういう雰囲気も非常にいいねと思う。特にturn backのイントロが鳴り響いたとき、その美しさに身震いがした。最高!

途中ドラムのハイハットが少々トラブる場面もあったが、キャサリンの告知で場をつないだ。AlReadyYoursは秋ぐらいに発表予定の音源のため間もなくレコーディングに入る。次回は6月までライヴがない。少し寂しいが、音源を心待ちにしよう。

そしてそこからはひたすら汚し、叩き潰すかのようにたたみかける。YONE氏のギターもテレキャス独特の切り刻むようなエグい音が沢山あって、スリリングな気分にさせられた。



「いつもどおり」のかっこよく最高なステージを見せてくれたが、あまり見慣れない高いステージ。グッときたのはベースrumiがわずかだが前に来て煽ったとき。細くちっちゃいほんわかキャラなのに、いつも激しく頭を振ったりしているので”rumiがノればAYはノる!”と思っているほどであるが、前に来て煽られるとそれもいい。
たった数秒の出来事だったが、このときグッと気持ちがつかまれた。



ドライブするようなステージが終了。かっこよすぎて鳥肌がたつ。ただ、ちゃんと持ち時間しっかりやっているが後半のたたみ掛けがすごいおかげであっという間に終わってしまう気がするのがいつも残念だ。

すごく満足してAlReadyYoursのステージが終了。
緊張もあったと思うが、「かっこいい」と敬意を表すvezの前で、堂々としたステージだったのではないだろうか。





ちなみにvezのメンバー、特にフトシさん、ヤナさんはAlReady Yoursをとにかく気に入ってくれていた模様。ぜひ、vezファンの方もAlReady Yoursを少しだけでも気にしてみて下さい。レポの最後にYoutubeの動画をはっています。



AlReady Yours 4/20 SET LIST

Voice
Doll
turn back
Pretty
Bring down
Misery
Trick







■vez

時間も遅くなり、いよいよメインアクトが登場。メンバーが一人ひとり登場。まずはDrのYANAさんがそそくさとステージにあがる。
中腰のままロータムをたたき出す。「目には目をその手に花束を」だ。ドラム、それもロータムのみの音だが、早くもフロアは高揚。そして登場するベースマン成一さん。ゴリッゴリの音でプレイに参加。続いてASAKIさんが登場。









なんとASAKIさんはQueenAdreenaのTシャツを着てる!ここでKatie好きの自分としてはテンションが一気にアガる。そんなASAKI氏の表情豊かなギターが会場の雰囲気を支配してフトシさんが登場した。
やや民族音楽の雰囲気(ビートとコーラスライン?)を感じる「目には目をその手に花束を」で、フトシさんがハンドマイクで前に前に出てくる。
フロアはみんな手のひらを向けて腕が伸びる。最初の曲の中盤ぐらいでもうvijonはスデニalreadyアナタノモノyours。





2曲目からはフトシさんもギターを持ち、「Array Of Planet」
Array Of Planetのリリース後という事もあり、シングル3曲きっちり披露された。フロアの馴染みとしてはまだまだこれからな気がするが、ライヴで盛り上がるナイスな展開。
抑えて始まり、サビでガツンとくる。…そうそう、、、これ、これがフトシさんの一番たまらないところ!!!!ASAKIさんはエフェクティブな面が凄く魅力的なギタリストなので、より、楽曲の物語を魅力的でドラマティックなものにする。いい年したおぢさんがいるステージ上にいるのに、駆け抜ける青春映画を見てるような気分にされる。







vezの現メンバーのほぼスタートの曲といっていいほどの「Fall Silent」。上から下にたたきつけるような轟音!!かっこよすぎる!!!
でもベースがかなりゴリゴリ聞こえた。下のほうから気持ちをぐいぐい上のほうに持っていかれるような感覚。FallSilentの曲はたたきつけられるような、でも低音から突き上げられるような・・・。ビートがきいてる曲ではないが、ジェットコースター的感覚に陥る。

本当言うと、HATE HONEYが好きすぎるからああいう歌・曲を求めている所は正直、ある。vez結成当初~現メンバーで復活直後ぐらいはそういう気持ちはあった。でも、夜虹リリースでほんと「今」が良くって、Heaven Flowerで改めて大好きになって、Array Of Planetでまた新しい扉を開いたという気がする。

今となっては、もう、「今」のvezが大好きだ。





イカつい声で「新曲ーー!!」と叫び始まった「Liar paradox」も裏打ちのレゲエ・スカのリズムでまた新しい雰囲気。成一さんは昔MrMarketという曲でスカ調のをやっていたこともあるが、ASAKIさんがそういう曲をやるなんて、という不思議な感覚。そしてその成一さんもよりによってこれもゴリッゴリの音でスカのボトムを支える。キャリアも納得の懐の深さ。









そして繋がる曲「Sex」。ここからの流れは最高。「Taste of the honey」、そして新曲ながら自然に体が動いてしまうほど勢いのある「The beautiful sky」、そしてvezのキラーチューン「Any」。毎回感動するvezのライヴだけど、この短い間にぎゅっと詰め込まれた音の塊で涙腺が緩む感動よりも、熱狂に踊る衝動のほうがすごかった。後半の曲はヤナさんのタムまわしも凄く、大陸的なビートで後ろからガンガンがんがんくる。そんなことはありえないんだけど、オーラが凄すぎてどんどんドラムセットごと前に出てきてるようにも思えた。それほどすごい!!

そういう緊張感があるライヴだけど、ASAKIさんのギターソロではフトシさんと成一さんが向かい合って笑いながら楽器を弾いたり、ヤナさんのところに集まって背中を向けてプレイをしたり。とにかく、ここにはロックンロールとピースしかなかった。紛れも無く、不純なものは何一つなかった。そう、何一つ。







最後のたたみかけが凄くてヤリ逃げたっていうような感じもありつつ本編は終了。
半年前のFireloopを思わせる鳴り止まないアンコールに答えフトシさんが登場。「MC忘れたよ」「次の大阪は7月…21日?」「関西結構くるよ。神戸と京都と…神戸と。京都!」「告知内容を客に聞くなってな」といって自然体な所を見せてくれた。

「メンバー出てこないでしょ。俺、ハメられてんだ」って笑いを誘っていて、そしてさらにまだ出てこないメンバー。ソレなのに「ここで!?」と誰もが思ったタイミングでヤナさんがフラッと登場。この日一番の大爆笑。

そんな和気藹々の雰囲気から、スイッチがはいり「歌ってくれ!」と。待ちに待った個人的アンセム、「夜虹」。この曲の奥深さはほんと計り知れない。バンドの王道サウンド・楽曲ではないかもしれないが、ロックを好きな人には一度この曲をライヴで聴いて欲しい。メロディラインは比較的ポップだし、ハードなのが好きな人もポップなのが好きな人もV系が好きな人にもハマるんじゃないかなと思う。


▲フレーズの関係か、毎回ここでベースを太ももに乗せてプレイする成一さん。

夜虹でずっと気持ちが抑えられずジャンプジャンプしまくったけれど、そこからのラストソング「Death Star」。「駆け抜ける」という言葉がとても似合う。「願っていた、願っていた、その未来を」というフトシさんの叫びにひっぱられ、会場は全体で腕を伸ばし、各々声をだし歌っていた。死の星。だけどもその未来を見させてくれる心の叫び。
心を打たれまくってライヴは終了した。











vez 4/20 SET LIST

目には目をその手に花束を
Array of planet
(SE)OK, shall I begin it?
Fall silent
Liar paradox
Sex
Taste of the honey
The beautiful sky
Any

(EN)
夜虹
Death Star






次回のvezは、今回の「Array of Planet」の3曲と、7Songsアルバム「Intuitionistic logic」たしてフルアルバムのボリュームを引っさげて結構細かな全国ツアーに出る。少し先になるが、また関西も回ってきてくれる。その日を心待ちにしよう。また、公式ブログでも触れられているがそろそろ新譜からの先行MVが公開されるかもしれない。公式サイト・Twitterを今後もチェック。

Intuitionistic logic
◆2014.6.1 RELEASE
◆2,000yen(TAXIN)

Intuitionistic logic tour
2014.06.07 sat. Ryogoku SUNRIZE -ONEMAN-
2014.06.14 sat. Sapporo SUSUKINO 810
2014.06.15 sun. Sapporo SPIRITUAL LOUNGE
2014.06.21 sat. Sendai CLUB JUNKBOX
2014.06.22 sun. Morioka Club Change
2014.06.24 tue. Koriyama CLUB #9
2014.06.25 wed. Niigata CLUB RIVERST
2014.06.29 sun. Kumagaya HEAVEN’S ROCK
2014.07.05 sat. Nagoya CLUB UPSET -ONEMAN-
2014.07.06 sun. Kyoto mojo
2014.07.08 tue. Kobe STARCLUB
2014.07.09 wed. Takamatsu DIME
2014.07.11 fri. Hakata DRUM SON -ONEMAN-
2014.07.12 sat. Hiroshima CAVE-BE
2014.07.13 sun. Okayama PEPPER LAND
2014.07.19 sat. Numazu Quars
2014.07.21 mon. Osaka club vijon -ONEMAN-
2014.08.02 sat. Shimokitazawa SHELTER -ONEMAN-



■vez


▲"Taste of the honey"


▲Rain


▲Any


▲新譜、Intuitionistic logic- trailer


■AlReady Yours


▲Pretty


▲Bring down


■cice


北堀江club vijon


Amazon.co.jp : vez に関連する商品
  •  
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマークdel.icio.usnewsingTechnorati  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter
    情報提供フォーム
    こちらから、あなたのオススメ情報を教えてください!

     

    ▲AlReady Yours「Bring down」■公式サイト

    ▲武装衝突「ネクストジェネレーション」■公式サイト

    ▲Boiler陸亀 「12円」 ■公式サイト

    ▲8otto「uprising」■公式サイト

    PICK UP MOVIEs

    ▲コロボックルズ「ディスコード」■公式サイト

    サイト情報


    記事検索
    ライヴスケジュール
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ