大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

オシャレスタジオでの暴動!Dr.Snaxxの楽しすぎるパフォーマンス!&ニセモノカメラ活動休止前ラストライブ!【LiveReport140126】|大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

ロック
パンク
HR/HM
ハードコア
オルタナ/グランジ
ポップス
ライヴレポート
特集/ピックアップ
LIVE NEWS 新着30件









































オシャレスタジオでの暴動!Dr.Snaxxの楽しすぎるパフォーマンス!&ニセモノカメラ活動休止前ラストライブ!【LiveReport140126】

このエントリーをはてなブックマークに追加
オシャレスタジオでの暴動!Dr.Snaxxの楽しすぎるパフォーマンス!&ニセモノカメラ活動休止前ラストライブ!【LiveReport140126】




ハグルマンレコーズの主催する年始のパーティーがオシャレなアートスペース、ArtYardにて開催された。ハグルマンレコーズに所属するバンドと、それ以外では親交の深いDr.SnaxxとNONONOらが参加した。
いわゆる普通のライヴハウスではない、少し抑えた音響でのライヴなので、いつもの「暴動」のようなライヴをするDr.Snaxxがどういうパフォーマンスをするのか非常に楽しみで会場へ向かった。

1/26(日)「ハグルマンパーティ」
ひまわり畑/Jano/ニセモノカメラ/Dr.snaxx/NONONO/加納未樹


ニセモノカメラの演奏開始とほぼ同時に会場へ。

■ニセモノカメラ



ニセモノカメラはみことぐうちゃんによる2ピースバンド。ネットで見かけたときに「きみたちの心臓を撃ち抜く準備はできているよ。」というコピーに本当に気持ちを打ち抜かれてしまった。



詳しく楽曲を知らないがとにかく楽しませてくれる。ドラムボーカル、ギターという構成なので、派手なアクションはできないが、それでもドラムがブレイクにはいったり、キックだけのときにみこはスティックを振ったりしたり、ちょっと独特な語りで、どこか演劇的な雰囲気を見せてくれる。
ぐうちゃんはやや顔を伏せて、エフェクターを駆使しながら、ベースレスということを感じさせないほどギュイギュイいいギターを弾く。2ピースの物足りなさをまったく感じさせず、逆に必要最小限の魅力を絞りだしているような雰囲気をみせてくれる。



残念なことにこの日をもってニセモノカメラは活動休止。
当分もうライヴはないだろうけれど、完全に解散というわけではなさそうなので、ファンの方はもちろん興味がある人はぜひ復活を待とう。

ただ、最後にシングル「革命」をリリースしてくれている。


▲ニセモノカメラを知らない人はぜひPVをチェック!

半年ほど前にVoltaと競演したHOKAGEにてニセモノカメラのライヴをみた。その後はほぼ都合が付かず結局ライヴをほとんど見れないまま今日に至ってしまった。もう活動休止で当分みれない、そんな後悔がある。ライヴは生もの。そしてバンドも、メンバーも生き物であり、そしていつその炎が尽きるかはわからない。もし、興味をもつバンドがあれば、ぜひその時にすぐにチェックして欲しいなと強く思った。

■NONONO



Dr.Snaxxとの共同企画「WHAT'CHA WANT」を開催しているNONONO。ライヴを見た印象は90年代の洗練されたオシャレポップロックという感じ。アートヤードスタジオの空間に非常にマッチしたいいパフォーマンスだった。これがPara-diceなどの場所だったらどんな風に聞こえるだろう?と色々想像してしまう楽曲だった。
個人的にはボーカルギターが、ギタリストをさしおいてソロを弾くとかいうのは見てて楽しいので好きです。

このバンドはSoundcloudに楽曲を公開しているほか、現在2曲をフリーダウンロードできる。公式サイトをぜひチェックしていただきたい。
http://nonono.digi2.jp/

■Dr.Snaxx

そして去年末、難波ロケッツのフロアライブでとんでもないほどカッコいいライヴを見せてくれたDr.Snaxxが登場。
モッシュなどはさすがにおきなかったが、暴力的なたたみかける楽曲はさすがといったところ。



初めて見たのは1年半ほど前のAlReady Yours企画。この日に初見だったのに、その後も凄くきになって、どんどん好きになったバンドである。なぜそれほど魅力を感じたのか?というのがようやくわかった気がした。自分が知ってるほかのバンドより、ほんとうにメンバー本人たちが楽しそうに、嬉しそうに演奏をしているのが彼らの魅力なのかもしれない。Vo&GtのGessyは大きな口を開き、笑顔になるし、音楽性がそうだというだけかもしれないが、マイクを1回のライヴに1回は客先に向ける。「みんなで楽しもうぜ」ということなのかもしれない。Ba NISIも堅実にプレイをするが、ベースの弦をマイクスタンドにこすり付けたりして暴れん坊。バンドのボトムを支えるはずのドラムにいたっては一番前に出てきたがりなのでは?と思うほど。

Dr オハラは普段おとなしそうな印象なのに、ドラムを叩いてるときは人に殴りかかるんじゃないかというような迫力すら感じる。
今日のライヴではいつもと同じように、キラーチューン「フーリガン」でGessyがバスドラムに登ってあおっているとき、オハラはスティックでギターの弦をかきならそうとして、それでフロアタムの方にこけていた(笑)普通にしてればそんなことはおきないのに、感覚が一歩先にいってる感じなんだろうか?なんせ、ロックでパンクだ。



▲代表曲のひとつ、No Way


▲去年末ROCKETSでの360°live (Fight For Your Right cover)

Dr.Snaxxの当面のライヴスケジュールは以下の通り。バンドを巻き込むイベントを中心に楽しませてくれる。アツくなりたいやつはDr.Snaxxのライヴへ!!



2/1 (土) 道頓堀かつおの遊び場
3マンイベント「OVERKILL」
Dr.snaxx
スモークドゥサーモン
BLOND new HALF

2/21 (金) 心斎橋pangea
「TOO TOUGH TO DIE」
Dr.snaxx & ジャカランタン 共同企画


※敬称略
Amazon.co.jp : に関連する商品
  •  
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマークdel.icio.usnewsingTechnorati  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter
    情報提供フォーム
    こちらから、あなたのオススメ情報を教えてください!

     

    ▲AlReady Yours「Bring down」■公式サイト

    ▲武装衝突「ネクストジェネレーション」■公式サイト

    ▲Boiler陸亀 「12円」 ■公式サイト

    ▲8otto「uprising」■公式サイト

    PICK UP MOVIEs

    ▲コロボックルズ「ディスコード」■公式サイト

    サイト情報


    記事検索
    ライヴスケジュール
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ