大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

20130421SCHOOL OF ROCK vol.3 【livereport】(後半)|大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

ロック
パンク
HR/HM
ハードコア
オルタナ/グランジ
ポップス
ライヴレポート
特集/ピックアップ
LIVE NEWS 新着30件









































20130421SCHOOL OF ROCK vol.3 【livereport】(後半)

このエントリーをはてなブックマークに追加
アナル玄藩JOE presents SCHOOL OF ROCK vol.3



2013/4/21(日)

OPEN/START 12:00/12:30
Ticket 2,500yen (+2DRINK 1,000yen)

出演バンド一覧:
■108
12:30 concrete waves
13:30 ティッシュ
14:30 ふみもと大すけ
15:30 DAM
16:30 蛸地蔵
17:30 THE GUAYS
18:30 BLONDEnewHALF
19:30 メガマサヒデ
20:30 プラズマJAP JET
21:30 Beat Break Screamer

■太陽と虎
13:00 The bearmode
14:00 THE BRYAN
15:00 極楽浄土
16:00 Co shu Nie
17:00 J-Seeds
18:00 ∴(サンテン)
19:00 GENSHOU-現象-
20:00 THE噛ませ犬
21:00 The BEG
22:00アナル玄藩


20130421SCHOOL OF ROCK vol.3 【livereport】(前半はこちら)
20130421SCHOOL OF ROCK vol.3 【livereport】(中盤はこちら)

●THE噛ませ犬

正直THE噛ませ犬をみくびっていた。今まで数回見たことあるけどここまでかっこいいとは。主催者JOEいわく、あえてこの出演順にもってきたとのこと。大先輩やテクニックでも上手い人らよりも後の出番。それってバンドへの相当なプレッシャーになるに違いない。同時にバンドのレベルアップにつながる大きなチャンスである。「さあ、この出番でどういうプレイをするのか」と思って辛口な目線でライヴをみようとしたが、なかなかどうして最初からかましてくれた。


Vo&Gtの大輝は多くの先輩バンドマンからの支持を得ている期待の若手。終始鳥肌が立ちまくりのライヴパフォーマンスをみせてくれた。ベースレスのスリーピースバンドなんだけど、大輝のギターがベースアンプからも音を出力し、バンドサウンドの低音までしっかりカバーしていた。以前のライヴでは低音がなかったので迫力に欠けるステージがあったが、この日は格別。パワフルでドライブする音と、古き良き、THE CLASHやTHE WHOあたりのパンクサウンド、放つわかりやすいロックなメロディ。ひたすらかっこいい。


あんまりトンガった生意気さはなく、ただただ純粋にロックンロールだった。

途中フロアにまでマイクスタンドをおろして暴れまわり熱唱する大輝とステージに残った2人

ラストに近くなってくるとTシャツを脱ぎ、ギターを放り出してハンドマイクで歌うシーンも。

THE噛ませ犬がおそらく近い将来ライヴハウスの渦になるのではないか。そこまで期待できるステージだった!
http://thekamaseinu.jimdo.com/

●プラズマJAP JET
THE!イケメンバンド!!全員がオシャレで男前でかっこいっていうのは卑怯だ!

ソツなくオシャレでかっこいい音楽をプレイしていた。

これはふみもと大すけ⇒メタルの極楽浄土⇒からのDAM が落差があって微妙だったというのと同じで、若くてロックで弾けるTHEかませ犬の後だったお陰で少々インパクトが薄れてしまってしまったのが残念だ。
http://pjj-records.jp/

●The BEG
去年のSchool Of RockVol2でであったバンド。それまでは散々Twitterなどで名前を見かけていてみんなが口をそろえて「カッコいい」というものだったけど、結局俺見たことないしどんなもんなの?という強気な気持ちで見たら一発でノックアウトされた。あれから約半年、その間に何回TheBEGのライヴに行ったことか。こういうバンドマンが中心のイベントになるとこんなバンドとオーディエンスの出会いがあるからたまらない。

この日のTheBEGはキレまくっていた。というか、イシカワリニスタは暴走といっていいほどテンションが高いプレイだった。気持ちが前に行き過ぎてるのか、マイクスタンドにぶつかったりピックをよく落としたりしてた。そういった意味で歌やギターの安定は悪かったが(最低限の演奏のラインはもちろんクリアしていた)、ステージから感じる迫力は半端ないものがあった。あのままもう少しだけ突き抜けていれば…会場がもう少し盛り上がれば…「伝説」となっていたのではないだろうか、とまで思った。



何度もステージ中央の高くなってる箇所でギターを高らかにあげて煽るイシカワリニスタ。もう、ほんとに彼らを早く大会場で見たい!パンパンの会場で見たい!彼らにはその力と迫力が伴っているので、早く知名度を上げてほしい!なんでこんなかっこいいバンドがこの位置におるのん!?ていうもどかしさを強く感じるほど、最高なパフォーマンスだった。



どんなに暴走してもしっかりと腰を落ち着けサウンドのボトムを締めるリズム隊。
貫禄は十分だ!



▲レットミーブルース
http://29.xmbs.jp/jjd/


●Beat Break Screamer
長い一日を締めくくる108のトリ、Beat Break Screamer。このバンドもやはり初めてみたわけだが…今回のSchool Of Rockは「このバンドに出会えた」ことが最高の財産となった。
最初は写真を数枚おさめて後ろでゆっくり見ようと思っていたが、ドラムの強く、水平にパンッ!と広がる音が鳴り響いた瞬間「ヤバい!!!!」という危機感を感じた。ギターとベースとドラムがなりだした瞬間の体に走った衝撃は言葉にできない。硬直なのか、全身鳥肌なのか、寒気のようなかっこよさなのか…なんといっていいかわからない。しかし、「こんなかっこいいバンドがおったんや!」っていう気持ちで涙が溢れそうなものすごい音だった。

圧倒的!圧倒的!圧倒的!!!
肌に、心に、魂にこれほど直撃する轟音なんて…。とにかく言葉にするのも嫌なぐらい、ただただ多くの人にライヴを体感してほしいと思う最高のライヴだった。
興奮しすぎてまともな写真は一枚のみ…。

先日別の記事でも紹介したが、彼らは現在長いツアー中。以降のスケジュールは以下の通り。
ハードなロックが好きな人には絶対に見ていただきたいバンドである!

4/28(sun)神戸 BLUE PORT
CONVULSiON "Massive Rainbow E.P." release tour

5/11(sat)心斎橋 新神楽
5/25(sat)栄 Party’z
6/2(sun)心斎橋 CLAPPER
DAM 1st mini album 「a.b.cの交点」release tour final

6/9(sun)心斎橋 AVENUE A
ツアー セミファイナル

6/30(sun)神戸 BLUE PORT
Beat Break Screamer presents
Confession release tour final

http://beatbreakscreamer.jimdo.com

●アナル玄藩
そしていよいよイベントもクライマックス。最後は主催者JOEが在籍する神戸のカリスマアナル玄藩の登場。

いつものようにTAKEBOWIE、NAGI、平井貴族の3名で演奏を開始し、続いてJOE、そのあと玄藩ちゃんが登場という流れでライヴはスタート。
長年やってる玄藩ちゃんのオーラ一つでこのバンドの安定性と、破壊力は十分。



細身で裸のその姿とは裏腹に、とてつもなく力強い声で圧倒する!


華やかな二人のギタリスト!


ほぼ無いのだが、真面目なMCをしている最中のカリスマの姿。

少し前にベースのNAGIが「普通のおじさんに戻る」との脱退発表があった。いつも玄藩ちゃんとのベースのネック(ヘッド)で突き合い(?)のようなやりとりをみれなくなるのは非常に残念。
今回はNAGIだけでなくJOEも玄藩ちゃんにネックを突き付けて遊んでいたのがすごくほほえましかった。


バラを加えたキザなポーズ、こんなステージ衣装が似合うなんて、なんてロックスターなんだと。

JOEがこのイベントへの思い入れと、ものすごく個人的なサプライズをしてくれた事以外はほんとに”いつもどおりの”アナル玄藩のライヴだったのは印象的。(このサプライズのおかげで涙がでてきて、ライヴを100%楽しめる状態ではなくなったw しかし、本当に気遣いができてキザな事できてギターがうまくて男前でいいやつって。JOE、お前はどんなけええやつやねん!!)


トリだとか、自主企画とか関係なく、最後までアナル玄藩らしく突っ走った。何回も長い間見てるというのもあり衝撃というのはもはやなくなってきたが、やっぱり「これがあるからライヴハウスってたまらん」というような時間を過ごすことができたアナル玄藩のステージ。
彼らはもうこれ以上高いステージに行くことはなかなかないだろうけれど、絶対に落ちることもない独自のスタイルを築き上げている。こんな裸のボーカルがいるバンドだけど、これだけ「確かな力」は一見の価値おおいにあり!!

このあとアナル玄藩も連続してライヴを行い、6/9には恒例となりつつある自主企画を再び太陽と虎で行う。
パワフルなステージング、未体験の方は特に要チェックだ。


5/3@太陽と虎 矛盾タイトルイベントシリーズ「メンテナンス営業」
ザ☆メンテナンス(anchang from sex machineguns)
アナル玄藩
REAL REACH
(OA)DOROTHY

5/5@十三ファンダンゴ「泥まみれの大人の日 2013」
アナル玄藩
THE YANG
いったんぶ
ティッシュ
Dr.snaxx

6/9@太陽と虎
アナル玄藩様ビヨンド~全員変態、完結~
※大注目
アナル玄藩
巨乳まんだら王国
流血ブリザード
クリトリック・リス

6/15
THE YANG企画


詳細未定。

6/30 ネコフェス
http://nekofes.net/

8/17(sat)@HOKAGE 流血ブリザード企画
流血ブリザード
アナル玄藩
STUPID BABIES GO MAD
SMASH YOUR FACE
☆HISATAKA☆
マサカリ


http://analgemba.com/


music zoo KOBE太陽と虎


Amazon.co.jp : School+Of+Rock に関連する商品
  •  
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマークdel.icio.usnewsingTechnorati  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter
    情報提供フォーム
    こちらから、あなたのオススメ情報を教えてください!

     

    ▲AlReady Yours「Bring down」■公式サイト

    ▲武装衝突「ネクストジェネレーション」■公式サイト

    ▲Boiler陸亀 「12円」 ■公式サイト

    ▲8otto「uprising」■公式サイト

    PICK UP MOVIEs

    ▲コロボックルズ「ディスコード」■公式サイト

    サイト情報


    記事検索
    ライヴスケジュール
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ