大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

20130421SCHOOL OF ROCK vol.3 【livereport】(中盤)|大阪のライヴシーンをサポートするニュースサイト

ロック
パンク
HR/HM
ハードコア
オルタナ/グランジ
ポップス
ライヴレポート
特集/ピックアップ
LIVE NEWS 新着30件









































20130421SCHOOL OF ROCK vol.3 【livereport】(中盤)

このエントリーをはてなブックマークに追加
アナル玄藩JOE presents SCHOOL OF ROCK vol.3




2013/4/21(日)

OPEN/START 12:00/12:30
Ticket 2,500yen (+2DRINK 1,000yen)

出演バンド一覧:
■108
12:30 concrete waves
13:30 ティッシュ
14:30 ふみもと大すけ
15:30 DAM
16:30 蛸地蔵
17:30 THE GUAYS
18:30 BLONDEnewHALF
19:30 メガマサヒデ
20:30 プラズマJAP JET
21:30 Beat Break Screamer

■太陽と虎
13:00 The bearmode
14:00 THE BRYAN
15:00 極楽浄土
16:00 Co shu Nie
17:00 J-Seeds
18:00 ∴(サンテン)
19:00 GENSHOU-現象-
20:00 THE噛ませ犬
21:00 The BEG
22:00アナル玄藩


20130421SCHOOL OF ROCK vol.3 【livereport】(前半はこちら)

開始から少々時間がたって、バンド側の問題でなく、個人的な体力の問題(苦笑)で少々なかだるみしてきたころ。

108ではDAMのライヴがスタートする。

●DAM

Youtube視聴やバンドの雰囲気を感じ取った「まんま」のオルタナ・シューゲイザー的な空間を支配する強烈なサウンド。いいバンドであることは間違いない。
..しかし、アコースティックのふみもと大すけ、メタルの極楽浄土の後に見るとどうしてもこのテンポの楽曲は聴くのが疲れてくる。とってもいいバンドだったのでこの並びでの出演は少し残念。似た系統のイベントの時にまた見たい。
彼らはアルバムをリリースして、そのalbum“a.b.c の交点”リリース・ツアーを絶賛実施中。2月から始まっており、なんと6/2の心斎橋CLAPPERまで続く長いツアー。
中にはあのBRAHMAN「超克」リリースツアーへの出演も含まれている。もともと彼らはブラフマンのコピーバンドだったそう。こういうのはなんだかすごくうれしくなって応援したくなる。
http://www.revontuletrecords.com/dam/

●Co shu Nie
太陽と虎に戻り、知らなかったけど期待していたバンドの一つ、Co shu Nieが始まる。concrete wavesのVoにステージから「あの子めっちゃかわいいやん!かわいいやん!!」と絡まれてた子がヴォーカルだった。

ちょっとふわふわしたレトロさを感じる。ナイトメアアンドフェアリーテイルという、最終的にはみんな不幸になるというある意味救いようのない漫画を思い出すバンドだった。 ヴォーカルの中村未来もギターをもち、これがなかなかうまい。ギターもベースもドラムもうまい。そして複雑に作り上げられた楽曲。ヴォーカルはもちろん、ギターもベースも好き勝手に動きまくるフレーズでたくさんの音を出しているにも関わらず、一つの世界として音を出してる。ギターは歌メロのバックでカウンター・オブリガードを。ベースはライトハンドを。なんだこれは!激しい音楽ではないバンドだが、ガツンと衝撃をうけた。
ラストはYoutubeにも上がっている「私とペットと電話線」という曲。歌いだしがたまらない。手を前に伸ばして始まったラストソングはまるで海外の童話のような世界観を見せてくれた。

このバンドはぜひいつかRED SUNと一緒のイベントでみてみたいなと思った。予定は未定だが、今度東京いったときキボリスタジオに無理やり押しかけて音源を直也さんにわたしたろかなとまで思った。
http://coshunie.com/

=個人的小休憩=

●J-Seeds
どうしても主催者でロックスターな「JOEの弟のバンド」という目で見られてしまうJ-Seeds。それは事実なのでどうしようもないが、早くそういう「ジョーの弟」の看板を自らで打ち破ってほしいと思っている。

彼らは約2か月表立った活動を休止しバンドのレベルアップに努めたそう。で、ふたを開けてみてどうなのか。すごく気になっていた。

前回の2012年11月のSchool Of Rock Vol2より約半年ぶりのJ-Seedsのステージで驚いたのはドラムのレベルアップ!驚くほどいい音でドラムをたたいていた。おのずとリズム隊としてベースとの相性もよく、バンドの底上げに大成功したのではないかと思う。

インテリ風のお洒落さんのルックス・ファッションからは少し想像つかないようなBa.フィリップの熱いステージパフォーマンスもなかなか楽しませてくれる。ヴォーカルもよい。ただしかし、あえて難をあげるとするとギターのプレイ。せっかくテレキャスなのに基本的には一般的なストロークのみ。カッティングやブラッシングを使ってメリハリつけたり、もう少し色を乗せるエフェクターを導入して音色に変化をつけるとかするともっと彼らはレベルが上がると思う。ので、あえて書かせてもらいました。

ちなみに、この日「絶対買って帰りたい!」と思って買ったCDは3枚。絶対買うと決めてたTHE BRYAN、良かったら買おうと思ってて想像以上によかったCo shu Nie、そしてこのJ-Seedsである。

http://j-seeds.jp/

=どっと疲れたのでさらに休憩=

●メガマサヒデ
ふみもと大すけと同じ、基本弾き語りの人。見たことはなかったのだが、前評判はすごいものがあったw
今回は神戸のFRUITSinJELLYが1曲だけバックをつとめて「メガ盛りフルーツ」での演奏を開始。奇抜な衣装とパフォーマンス、バックの音はおもちゃ箱のような音で「なんだこれは」という強烈な先制パンチをくらってしまった。

FRUITSinJELLYがステージを去ったあともメガマサヒデの勢いはとまらない。とにかく面白い。強烈。ふみもと大すけとはまたちがったPUNKさを感じた。最初から最後まであのテンションはすごい。こんな言葉しかでてこない自分が嫌になる(苦笑

http://www.ldandk.com/artist/megamasa/megama.html


music zoo KOBE太陽と虎


Amazon.co.jp : School+Of+Rock に関連する商品
  •  
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマークdel.icio.usnewsingTechnorati  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter
    情報提供フォーム
    こちらから、あなたのオススメ情報を教えてください!

     

    ▲AlReady Yours「Bring down」■公式サイト

    ▲武装衝突「ネクストジェネレーション」■公式サイト

    ▲Boiler陸亀 「12円」 ■公式サイト

    ▲8otto「uprising」■公式サイト

    PICK UP MOVIEs

    ▲コロボックルズ「ディスコード」■公式サイト

    サイト情報


    記事検索
    ライヴスケジュール
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ